プロフィール写真はストーリー性があればモテる?

こんにちは!

8bitスタッフのハチですヾ(o´∀`o)ノ

結婚相談所のプロフィール写真とは

プロフィール写真とは、プロフィールに掲載する写真で、マッチングにおける最も重要なものの一つです。

結婚相談所ではお見合い写真とも言われ、お見合いを申し込み申し受けをするためになくてはならないものですよね。

マッチングアプリでもプロフィール写真が無いとマッチングすることはほぼ不可能と言ってもいいでしょう。

見た目や容姿に意識を高く持つ女性だけの話ではありません。

男性が写真を意識をもって撮影すると、婚活も有利に進められ理想の結婚もできることでしょう。

 

プロフィール写真NG例

お見合いが成立しない、マッチングしないと言う人はプロフィール写真がイマイチと思ったほうがいいでしょう。

 

スマホで自撮りをしているプロフィールもたまにお見かけしますが、そこから婚活の本気度や真剣度がわかりますよね。もちろん真剣さは伝わってきません。

恥ずかしいのか斜に構えているのかわかりませんが、自分を知ってもらおうという気持ちが伝わってこず、むしろ「こんなスマホでの自撮りでも申し込む人はいるはず」という、上から目線の考え方さえ感じてしまいます。(言い過ぎてたらごめんなさい)

 

服装でもNG例をたまにお見かけするのですが、女性の服装に多く見られますが、個性が強すぎる”柄もののワンピース””ブルーや赤などの濃い色や強い色””シルエットが特徴的”など、これも自己主張が強かったり気が強かったり見えますので避けましょう。

男性では、サイズがあっていないブカブカのスーツ、ネクタイのデザイン、髪型などあげたらキリが無いのですが、普段着る服に気を使わないような印象を与えるためNGです。

必ず意識するのは「異性からどのように見られているか(プロフィール写真に限り)」です。自分の拘りや同性の目線は全く意味がありません。

 

フォトスタジオでもプロフィール写真を撮り慣れているスタジオにしましょう。

何故か。理由は簡単ですが、写真の成果であるお見合いのフィードバックが、結婚相談所の仲人やユーザーからあり、常にどの写真が好まれるかをわかっているからです。

背景がピンクやブルー、グレーなどの一色である証明写真のような写真を撮るスタジオはやめておきましょう。

プロのカメラマンは写真の構図や光の当て方などを理解しているため、女性らしさ男性らしさ、美しさなどをしっかりと出してくれます。

ここにお金をかけないという考え方は持たず、できるだけ投資を集中させましょう。

 

NG例はあげたらキリがないので全て記載するのは難しいのですが、要は結婚相談所のカウンセラーやアドバイザーなどのアドバイスをしっかりと聞いて写真を撮りましょう。

 

写真の加工はしているのか

結婚相談所に限らずマッチングアプリでも良く聞かれることですが、写真と違う人が来たと言われます。

これで安易に写真を加工していると言われがちですが、結婚相談所での写真加工はかなり少ないと思っていいです。

こちらも理由は簡単で、マッチングアプリと違い本人の意思だけではなく、所属している結婚相談所の信用にも関わるからです。

写真とあまりにも違う人が来たとしたら、そのクレームの先は結婚相談所であり、プロフィールを作成しているカウンセラーとなります。

もちろんお見合いも上手くいかないので結果的にはマイナスでしかないのです。

(まあ、だいたいはお見合いが上手くいかなかったお相手の文句や僻み妬みということのほうが大きいかな...)

 

加工をしているというよりは、何年も前の写真を使っていて、歳をとったり体型が変わったり、髪の量が変わったり、経年劣化による写真を使っていると言うことです。

これは残念ながら結婚相談所によっては許容しているところがあるのは事実です。

当社が所属する日本結婚相談所連盟のガイドラインでは、プロフィール写真は6ヶ月〜1年単位での撮り直しが推奨されています。

 

では、加工はまったくしていないのか?というと加工はしています。

ただし、フォトスタジオとしての、写真家としての加工にとどまります。

光の加減(コントラスト)や自然な可視的な色味(色彩)などは絶対に行っています。

(お客様からお金をいただくプロの仕事としては当たり前)

その他やっているところとやっていないところは別れますが、撮影で終始緊張してしまっているお客さんの「肩」を下げる加工をしています。

肩を下げる加工とは、上がりすぎた肩を下に下げる写真自体の加工となり、リラックスしている雰囲気になります。

これは確かに実物を加工する(いじる)と言う点では加工にあたるかもしれません。

その他、口角を上げる加工だったり、歯を白くする加工なども行うスタジオもあります。

 

前述したとおり、加工をやりすぎると、写真だけで選ばれ実際にお見合いしても交際に発展しない、結婚相談所としては歓迎されない結果になりますので、スタジオに指摘するかスタジオを変えてしまうので、スタジオも勝手に行うわけにはいきません。

結論として、あまりにも加工しすぎるスタジオはほぼ皆無で、加工したとしてもごく少数の結婚相談所に限られるということでしょうか。

 

イケメンや美女だけが勝つわけじゃない

前述しています、お見合いが上手くいかなかった場合の妬みや僻みとして「写真は良いけど、ろくな男がいない、ろくな女がいない」というセリフをはく方はいらっしゃいます。

本当に写真だけ良いと言う人もいるかと思いますが、写真とは全く違う人物になることは難しいです。

 

では、写真だけではなく、素が良いイケメンや美女だけが、お見合いを申し込まれ、お見合いができ、交際していくのでしょうか。

そんなはずもないですよね。結婚相談所で活動する婚活者は、理想だけで結婚をしたいわけではなく、自分が結婚できる可能性を広げて婚活しているわけなので、イケメンや美女を狙っている人の方が少ないかと思います。

もちろん、カッコいい、綺麗可愛いという判断基準で選ぶ人がほとんどだとは思いますが、ではイケメンとしか結婚ができないか、美女として結婚できないか、というとそうではないですよね。

 

男性も女性もルックスが良いのに越したことはありませんが、ルックスだけで判断されてもその人は満足できないですし、内面的な性格や価値観を見て決めてもらいたいですよね。

プロフィール写真だけでお見合いの申し込みや申し受けは行われるわけではなく、プロフィールや趣味、結婚観、家族構成や希望なども含めて申し込みが行われるので、写真も大切ですがプロフィールを充実させていくことも大切ですし、プロフィールで個性をしっかりと出していくことも大切です。

 

プロフィール写真でお見合いは決まると言っても過言では無い。とお伝えするのですが、写真だけで結婚は決まらない。ともお伝えします。

 

異性から選ばれるために

これも前述しているのですが、プロフィール写真は個性を出しすぎたり、同性を意識したりする写真ではありません。

検索する時に同性は見れないので意識は必要ありません。

個性を出すと検索結果で目立ちクリックされやすいのかもしれませんが、お見合い申し込みのボタンを押されることは少なくなります。

 

必ず意識してほしいのは、異性からの目線です。しかも多数派(マジョリティ)の目線です。

一般的な考え方でしょうし、テンプレのような考え方、保守的でもありますし、言う人にとってはつまらないという意見もあるでしょう。

少数派(マイノリティ)で個性を出していきたい気持ちもわかりますが、その個性を発する本人の主張がしっかりと相手に伝わるようであればいいのですが、そもそもそれを向けている人が少数派であればほぼお見合いは成立しません。

その個性を正確に適切に受け取ってくれる方だといいのですが、そこまで限定したお相手探しだと結婚相談所では難しいかもしれませんので、いつか自分の目の前に現れてくれると期待して待ち続けるという考えの方がいいでしょう。(辛辣)

 

異性の目線というのはかなり抽象的で、女性は「清潔感があるか」「爽やかか」などで、男性は「可愛らしいか」「女性らしいか」「愛嬌があるか」などでしょうか。

そんな抽象的な表現なので、写真でその特徴をピッタリと「これです」と言い当てる人はまずいなく、なんとなくの雰囲気で決める人がほとんどです。

異性から選ばれるためには、多数派の路線は外さず、男性らしさや女性らしさを出したプロフィール写真、いわゆる「無難な」写真であるべきなのです。

一つ、男性にアドバイスするならば、男性らしさはムスッとした「自分でクールだと思う無表情」よりも断然笑顔の写真の方が申し込まれやすいです。

女性で無表情の写真に申し込みたいと思う男性はいないですよね。女性も同じく、無表情の男性に申し込みたいと思う女性は少ないです。とにかく笑顔です。

 

一枚の写真から感じるストーリー

プロフィール写真はフォトスタジオによって全然変わってきますが、当社がおすすめするフォトスタジオはストーリー性があります。

 

実際に当社の会員さんが撮影したブログ記事をご覧ください。

 

写真から感じるストーリー性とは、奥行きとでも言うのでしょうか。

写真に写る相手の性格や価値観などの人間性を想像させてくれ、相手とお見合いしたときに見せてくれる笑顔や、その相手と交際した時に見せる表情などを感じさせてくれることです。

屋外で太陽光などの自然な光で、背景が花や風景が広がったりするとデートを連想させてくれます。

直立不動やありきたりのポーズをしていると、普段の人柄が見えにくくなり「商品化」されたプロフィール写真となってしまいます。

 

アイドルの写真撮影は、カメラマンとコミュニケーションをとったり、動きながら撮影したりと、そのアイドルの自然な姿を引き出す撮影が行われています。

自然な姿である方が、見る人にとっては伝わりますし、魅力があらわれてきます。

その見る相手が異性に関わらずです。

 

プロフィール写真は、一枚の写真からどれだけ相手に自分を伝えるか、相手が感じ取ってくれるかが大切です。

ストーリー性無くして、お見合いを申し込まれることなかれ、というのも過言ではありません。(多分)

 

婚活とはその人の側にいる自分を想像できるかどうか

婚活とは、お見合い写真、プロフィール、デートなどを繰り返し、たくさんの要素から「これから先40-50年と一緒に居続ける相手を探す行動」をしていきます。

結婚までをゴール地点と決めるわけではなく、その後に一緒になって生活していく、家族になっていくことを見極めようとしているのも婚活です。

結婚がゴールでは無い、と婚活カウンセラーは言いますが、婚活している人は意識的にも無意識的にもゴールだと思っている人はいないでしょう。

ただ、結婚後の生活を経験したことのない人がほとんどなので、さまざまな要素から想像するしかなく、その想像が未経験により想像できないことから悩まされているのだと思います。

一度結婚している人なら想像はつきやすいのですが、多くは初婚で想像ができていません。

さまざまな想像やシミュレーションなどを行い、本当に未来のパートナーとしてふさわしいのかを判断しようとしますがそう簡単でもありません。

要素の一つとして間違えていないと思うのですが、「その人の隣にいる(側にいる)自分を想像する」というのはそこまで難しくないのかと思います。

自然な自分でいられるか、無理していないか、繕っていないか、など想像ができる相手であれば進んでいいでしょうし、想像ができない相手であればやめましょう。

 

プロフィール写真ではその想像が可視化された「写真」であるために、まずは考えやすいのだと思います。

プロフィール写真を見て、その人の隣で笑っていられる自分が想像できるようであれば、お見合い申し込み必須ですね。

 

成婚退会するための婚活ノウハウはこちら

投稿者プロフィール

ハチ
ハチ
8bit婚活エージェンシーの中の人。広報PR、ブログ担当。
婚活業界で10年以上働く婚活のプロ。カウンセラー経験もあり。
婚活ノウハウ、婚活業界などを発信中。