結婚相談所は恋愛感情をコントロールする場所

こんにちは!

8bitスタッフのハチですヾ(o´∀`o)ノ

 

8bit婚活エージェンシーのTwitterでつぶやいたんですが...

このことについてブログでもちゃんと考察してみようと思いまして、結婚相談所ってどういうところで感情をコントロールされるんだろう?(´~`)はたしてそれは良いことか良くないことか(´~`)考えてみました。

Twitterの婚活垢(アカウント)の方々のつぶやきを見ているとポジティブな感情の"上手くいってます"ってつぶやきが多ければいいのですが、ほとんどがネガティブな感情が多く見受けられ、感情的になってることが多いな〜って感じます。

婚活で日々そんなに感情が上がり下がりしていると疲れないかな、と心配してしまいます(´~`)

 

結婚相手を探すのは

  • 将来何十年も一緒にいる相手探しなので慎重になる
  • お互いが特別な存在でいるためにお互いに(同じタイミングで)好意を持つ

ん?だいたいが後者で悩んでいません?

それってなかなかに矛盾していることで、両者をバランスよく保つのはかなりのハイレベルなコミュニケーションスキルが要求されます。

前者は一人でなんとかできるのですが、後者は相手と同調しないと成立しません。相手の気持ちを確認しないと"お互いに"とはならないですよね。

悩んでいる人の多くがどちらかが一方的に好意をもったり感情的になったりしていますよねヽ(;▽;)ノ

後者を上手くやるには、相手と歩調を合わせ、相手の気持ちを理解し、相手と同じ温度感で進めなければなりません。

さて、冒頭での結婚相談所のシステムについて、感情をコントロールする、と書きましたがコントロールするというよりも"カタにはめていく"という表現が正しいのかもしれません。

プロフィール

客観的な事実が多めで、性格や人間性がわかるようで全部はわからないですよね。

自分を必要以上によく見せることができなくなっていますね。

このフェーズでは一目惚れは難しいです。

お見合い

時間が決められていて、必要以上に長くはいられないですよね。

二回目があるかわからないという緊張感もあり、個人情報がわかるような質問はNGとされています。

このフェーズでは恋愛感情を持つのは難しいです。

仮交際(複数交際)

自分も相手も複数人とお付き合いしているという状況で、お見合いして2~3回程度あっている仲なのでそこまで深い仲ではありません。

このフェーズでは相手が自分のこと結婚相手と考えるのは難しいです。

真剣交際

自分も相手も一人に絞った結婚前提としたお付き合いです。

このフェーズでは相手がこの先もずっと一緒にいたいと考えるのは難しいです。

感情的になっている人はそれぞれのフェーズで難しいところに達しようとがんばってしまうんです。

  1. プロフィール➡︎できるだけ見た目で惚れたい
  2. お見合い➡︎できるだけ好きになる(なりたい)
  3. 仮交際➡︎できるだけ結婚したい(結婚相手と判断したい)
  4. 真剣交際➡︎できるだけずっと一緒にいたい(理想の夫婦でいたい)

ちょっと早すぎません?自分一人で感情が先行してません?

待って待って、そういうルールじゃないから...相手がどう思ってるか考えようねヽ(;▽;)ノ

 

感情が先行してしまっている人は、一つ先のフェーズのことをやろうとしてしまっています。

ためしに〜をマッチングアプリに当てはめてみてください。(の結婚はお付き合い)

※アプリ婚活をdisってるわけではありません...

先行していて上手くいっている人って少ないのではないでしょうか...

 

冒頭で話した結婚相談所ってどういうところで感情をコントロールされるんだろう?(´~`)

全てのフェーズ、すべての活動でコントロールされています。

コントロールされているから、相手も同じ状況で、お互いが特別な存在でいるためにお互いに(同じタイミングで)好意を持つ

これが可能になってきます。

だって、期限とルールがあって、そこに感情を合わせるだけ(カタにはめていくだけ)だから。

まとめ

婚活は焦れば焦るほど上手くいかない。気持ちが先行して感情の浮き沈みがあると辞めたくなる。

悩みが深い婚活男女の皆さんは、まずは期限とルールで感情をコントロールしていくことが大切なのかもしれません。