異性との距離感がわからないのは「やってはいけないことがわからない」から

こんにちは!

8bitスタッフのハチですヾ(o´∀`o)ノ

残念な距離感を持っている男性

結婚相談所と言えど、お付き合い期間を省略して結婚する事は、気持ち的にもルール的にも難しく、必ず交際期間があります。その交際期間は友達以上恋人未満から始まり(=仮交際)、その後恋人同士となります(=真剣交際)。この交際期間はお互いの気持ちや距離感が重要視され(といっても、自由恋愛でも同じですが)、少しずつ気持ちを近づけていき距離を近づけていきます。

結婚相談所で活動する男性は、過去恋愛経験がほとんどないと言う方が結構いらっしゃいます。恋愛経験が無いと、女性との交際の仕方がわからず、上手く距離感をつかめず失敗してしまう男性が多く活動が進まなくなってしまいます。

本当によくあるケースをご紹介すると...

お見合いが終わり、お互いが次に会いたいとして仮交際に進み、次のデートでいきなり手を繋いでしまった。次の日に相手側(女性側)の相談所から交際お断りのご連絡がくるというパターン。男性は冷水を浴びせられたかのように訳がわからなくなっている、あんなに昨日は楽しそうな顔をしていたのに...と。

男性は一途になりやすい傾向があり、お見合いで交際OKの返事をもらうと、嬉しくなって好意が増長してしまいます。しかし女性から見ても、一般的に見ても、初めて会ってから二回目に手を繋ぐことって難しいですよね。これがちゃんと告白してお互いの気持ちを確かめ合った後だったらいいでしょう。結婚相談所で、自分に限らずどの会員もお金をかけてしっかりと見極めようと活動している中、感情が先走る女性は非常に稀です。レアケースです。何度でも言います。ほとんどいないと言っていいです。

非常に残念な距離感を持っている男性。距離感さえ間違えてしまっているとその後の恋愛も上手くいかないですよね。結婚の道のりも遠く険しいと思います。

恋愛ノウハウはモテ要素ばかり

ネットで検索できる恋愛ノウハウは数えきれないほどあり、中にはかなりテクニカルな「パーソナルスペース」が学べるところもあり、興味深いものばかりです。

引用元:パーソナルスペースを学べ! 男女で広さは違うんです。

しかし、その高度なテクニックは恋愛経験が少ない男性にとって本当にハードルが高い...。お見合い後の初めてのデートで、どこ行くか、お店予約するか、どんな服装にするか、どんな会話をするか、頭がいっぱいになっているのに、さらには当日緊張のあまり頭が真っ白になったらパーソナルスペースも何も思い出せないですよね。何度かデートして気持ちの余裕ができたとしてもパーソナルスペースのことを思い浮かべながら接することもできないんじゃ無いかと思います。いや、無理でしょう。自分だったらできますか?覚えてられない。

恋愛ノウハウはアレやれコレやれって書いてるけど、本当に恋愛経験が少ない男性がやれるものはほとんどありません。モテる人がやれることじゃん?とさえ思ってしまいます。ですので、「やってはいけないこと」を覚えていくのが良いでしょう。やってはいけないことだったらデート前に「今日やってはいけないことは●●と●●だ」と繰り返し念じておけば覚えられるはずです。

男女ともに悩む距離感の保ち方

実は距離感の取り方に悩むのは、男性に限らず女性も多く存在しているんだと思います。

Yahoo!知恵袋でも「恋愛 距離感」と検索すると女性の相談も多くあります。

最近多く目立つのは「LINE」や「メール」での距離感(頻度)について。これはかなり難しい。会話のコミュニケーションスキルをデジタルのところに求めていくから、会話力のほかに文章力や表現力、距離や時間など複合的なものが重なり合ってくるのでこの距離感を上手く保つのはどんなに恋愛上手でも難しいのでは無いかなと思います。(これができるのは心理学や専門的なことを学んでいる人だけ)

また自分の文章でのコミュニケーションの取り方の価値観にもよって変わってきます。面倒だと感じる人は返信するのさえできなくなってきて、会話がほどんど無くなってしまうケースもあります。とくにデジタル社会へ移行したアラフォー〜40代の独身者にとってはかなり個人差が出ていると思います。上手にできる人はできるけどできない人は全くできないですよね。

相手に合わせるしかない...が、少しはテクニックを

距離感は人によって全く違ってきますし、それは価値観ともつながります。ですから、その距離感を保つのは難しいと思っていいです。ですが、難しいとばかり言ってても婚活のように前に進まなければいけない状況であれば、やはりノウハウやテクニックを学ばなければ進めません。

価値観ですので、相手の価値観に合わせるしかないのですが、相手が口下手だったりコミュニケーションがとりづらかったりするとその距離感さえわからないですよね。価値観がわかるまで無難に「やってはいけないこと」を守り続けることが唯一のテクニックかもしれません。

男性だったら、女性から手を繋いできたり、手を繋ぎたいと言われたりしたら手を繋ぎましょう。その場合はまだ手以外の体に触れることはNGです。

女性だったら、手を繋ぐことより先に肩に触れるなどの「ボディタッチ」ではなく「スキンシップ」から始めましょう。
LINEやメールの距離感では、文章の内容より「頻度」と「マメさ」を大切にしていきましょう。ただし、会話のキャッチボールが成立するように一方的な発信にならないようにしましょう。

そんなことか、だと思われるでしょうが、全ての男女に共通するのはこんなことくらいです。

やってはいけないこと、をやらないのがベター

何度も書きますが、「やってはいけないことをやらない」というのが最善の方法です。

やってはいけないことがわからない、と言う方は、おそらくやってしまう可能性のある予備軍です。やってはいけないことがわからないからやってしまうから。

でもそれは一度教えてもらえばできることなので、誰かに教えてもらうのがいいですよね。もちろん当社でもお教えしますよ(最後にPR)